眼精疲労の状態には

眼精疲労の状態には、たとえば目がすぐ乾いたり、夕方になると視界がぼやけ、近距離や遠距離にピントが定まらなかったりします。それ以外にも目の充血や目の奥の痛み、まぶたが重くなるといった症状があります。

目のほかにも深刻な症状に発展する場合も少なくありません。

仕事をしていくと、そのときの目の疲労感が眼精疲労に上乗せされます疲労感が積み重なっていくわけですから、そう簡単に回復できないことは明らかです。

疲れ目程度であれば、1~2日ゆっくり眠ると元の状態に戻り翌日には疲れが持ち越されません。若い人、特に女性は眼鏡を使用したがらないことが多いようです。視力が弱くても、眼鏡をかけようとしません。
そうした生活のままでいると目が疲れ、眼精疲労と診断されることになります。
眼鏡を利用するのが嫌でも、健康な生活を考えれば眼鏡は必要なのです。目にブルーベリーが効き目があることは有名です。

ブルーベリーに含有されているアントシアニンには、網膜の機能を強化させる機能が備わっているからです。
ブルーベリーは鮮明な青紫色が有名ですが、それはアントシアニンの色です。また、ポリフェノールの仲間で抗酸化作用があるため、目とからだの疲れの回復にも効果があります。同じポーズを長時間にわたって取ると肩や首周りの筋肉も固まって、筋肉疲労を引き起こします。それに加えて、血行が悪くなると、生じた活性酸素が増殖されます。活性酸素がたまると頭痛や肩こりとなってあらわれるほか、目にいろいろなストレスがかかります。